『常に先を見て手を打て』
これから日本経済はインフレに向かって一直線に進んでいく可能性があります。そして、インフレは政府によって仕組まれたものであるという認識に立ったとき、全てのモノの値段が上がることを前提とした資産形成を考えないと、この大波は乗り切れません。

dollar-544956_640

現在のデフレがあたりまえのような経済の仕組みだけで考えていたら、次のハイパーインフレが生じたときには、自分の財産を失い、スッカラカンになってしまう恐れだってあるのです。お金持ちというのは、インフレが来たときの乗り切り方、デフレ到来時の乗り切り方を知っている人たちです。
本当の資産家とは、常に先を見て手を打つことができる人のことなんです。貧乏になる人は、目先のことしか見ないがゆえに右往左往するのです。もちろん判断のための情報も手に入れていません。今、来るべきインフレにどう手を打っていくべきでしょうか。
それは攻撃と防御の両方を兼ね備えた、強い資産形成の手立てを持つことです。そう考えてくると、インカムゲインとキャピタルゲインの両方を備え、利回りも抜群に高い都市型ワンルームマンション経営こそ、これからの資産形成の本命だということになります。

studio-737569_640

『チャンスだからこそ、今』
先を読むことが何より大切です。インフレが生じてしまってからでは資産形成は難しく、ワンルームマンションの価格も高くなっているはずです。今の今、低金利で、低コストで、高利回りマンション経営であるからこそ、値打ちがあるのです。人のやらないときにやる。今だからチャンスであり、チャンスだからこそ今、なのです。

名称未設定 3


恩納村で土地を購入しませんか。恩納村で土地を購入するメリットは2つあります。1つめは、恩納村は大変環境が優れていることです。恩納村にはたくさんの海がありますが、そのなかでもナビービーチはマリンスポーツも楽しめるとあって多くの方が訪れています。ナビービーチからは恩納村の名所の1つ、万座毛を見ることもできますよ。そんな恩納村にはナビービーチ以外にも、「青の洞窟」と呼ばれるダイビングスポットもあります。青の洞窟は、恩納村の真栄田岬にある洞窟のことで、真っ青な海を体験することができます。こんなきれいな海が近くにあるなんて、海の近くで生活したい方にとってはぴったりではないでしょうか。2つめのメリットは、恩納村は地価が安いということです。恩納村の地価は1㎡あたり約3万円。これに比べ県庁所在地である那覇市は約17万円と14万近くも地価に差があります。那覇市は県庁所在地ですし、便利に暮らせる環境がありますが、恩納村にも生活に欠かせない施設が充実しておりますし、自家用車で那覇市にも2時間かからない程度でアクセスすることができます。マイホームを建てるなら、ゆたかな自然のある場所で、広々と暮らしませんか。恩納村の土地情報はぜひこちらをご覧ください。